www.lindenclevetheater.com

皆さんは「にんじん」、食べていますか? 綺麗なオレンジ色をしていて甘味のある「にんじん」。 日本人には子供を初めとして大人でも嫌いな人が意外と多い野菜の一つに挙げられています。 そんな「にんじん」、日本とアメリカではその「位置付け」が事なる、という事を皆さんはご存知でしょうか。 日本では「にんじん」は様々な料理に使われています。 カレーやシチューの具材、煮物の具材、ハンバーグなどの肉料理のつけあわせとして、そのまま生でサラダに入れて、様々なバリエーションで「にんじん」は日本では食されています。 ではアメリカでは「にんじん」は食卓でどの様な位置付けになっている野菜なのでしょうか? ずばりアメリカでは「にんじん」は、「生でそのまま食べる野菜」としての位置付けの野菜として認識されています。 日本人からすると、「ええ?あのにんじんをいつも生でガリガリ食べるの?」と疑問に思うでしょうが、実はアメリカでもっとも食されているにんじんは「ベイビーキャロット」という品種で日本のにんじんよりも大分細い物なのです。 アメリカ人はその「ベイビーキャロット」をぽりぽりと生でかじって食べるのが普通です。

MENU

  • 健康食品で健康を維持したい
  • 便利な通販を賢く利用する
  • 家族での外食は楽しいです。
  • 外食について思うことなど。
  • 学校が衰退した原因について
  • 日本とアメリカのにんじんの違いについて
  • 現代の高断熱高気密の住宅
  • スマホのタッチパネルが便利
  • 健康食品が人体にもたらす良い影響
  • みっともないからやめなさいと言われても
  • 競馬と居酒屋の思い出
  • 刺身が美味しい和風レストラン
  • 毛穴について私が思うこと
  • O脚改善で身長が伸びる!?
  • 映画を好きになったきっかけの作品。
  • 迷わずポチッとしてしまいました
  • 僕の中でスポーツといえば野球です
  • 入浴好きだが、一人だと、ガス代が高すぎる
  • 高血圧な方は早めの対策が必要
  • 血圧低下には父ご推薦の玉ねぎ茶を
  • 妻とは釣りを通じで出会いました